記事一覧

グレーゾーン金利

紙幣を持つ人

過払を請求する

グレーゾーン金利は貸金業法改正により認められなくなった金利の事を指しますが、消費者金融を中心に無担保で個人にお金を貸し付けをしていた業者はこのグレーゾーン金利での貸し付けが一般的でした。グレーゾーンが認められなくなり、利息を多く払いすぎた事で利用者から過払い金の請求が相次ぐようになりました。過払い金請求の場合は弁護士や司法書士に依頼をするのが一般的で、横浜を始めとして全国に取り扱っている士業がいます。過払い金の費用は弁護士等によって異なり、横浜や都心だから高い等という地理的要因による相場の違いはありません。一般的に過払い金請求は1社毎に着手金が2万円から3万円程度、さらには成功報酬として過払いで取り戻したお金の10%や15%が費用となります。弁護士によってはこれ以外に費用が掛かる場合があります。ほとんど過払い金が戻ってこない場合でも着手金がかかる点は考慮しておくべき点です。横浜には多数の弁護士や司法書士がいますので、依頼する際にはまず費用がどの程度かかるのかをしっかり確認する事が大切です。また弁護士や司法書士も専門があり、過払い金や借金問題を専門や得意としているケースは多々あります。専門や得意としているのであれば様々な事例や知識を持ち合わせていますので、安心して依頼する事が出来ます。横浜にも同じく専門としている弁護士がいますので、この弁護士への依頼を考えると共に、口コミ等も参考の上選ぶ事が大切です。

Copyright© 2017 完済した過払い金を取り戻そう|お金の悩みは専門家に相談すべし All Rights Reserved.