記事一覧

金融機関への交渉

カップル

依頼により成功率が高く

キャッシングやカードローンを利用する人が多い大阪では、それだけ多くの人が過払い金請求について悩んでいます。過払い金とは、本来支払う義務がないにもかかわらず支払ったお金のことで、この場合は過剰な利息を指します。2010年6月よりも前に、キャッシングやカードローンでお金を借りていた人は、それを支払っていた可能性があるのです。具体的には、利息制限法ではなく出資法で決められた上限金利で利息を支払った人は、過払いをしていたことになります。キャッシングやカードローンにおいては、現在では利息制限法に基づいて金利を決めることが正しいとされています。そのため出資法の上限金利でより多くの利息を支払っていた人は、その差額を金融機関に返してもらうことができます。これが過払い金請求で、大阪ではこれをスムーズに進めることができず、困っている人が多いのです。というのも過払い金請求では、法律を武器に金融機関と交渉することになるからです。そのため法律に詳しい人でなければ、交渉決裂となるリスクが高いのです。そのことから大阪では、交渉を弁護士または司法書士に任せる人が増えています。法律のプロとも言える弁護士や司法書士に依頼すれば、交渉がスムーズに進むことから、高確率で過払い金が手元に戻ってくるからです。もちろん成功報酬の支払いは必要となりますが、大阪ではその相場は、戻ってきた過払い金の2割が相場となっています。つまり、自分で交渉せずに済むにもかかわらず、8割は自分のものとなるわけです。

Copyright© 2017 完済した過払い金を取り戻そう|お金の悩みは専門家に相談すべし All Rights Reserved.