記事一覧

夫婦の別れは専門家が解決

男女と割れたハート

代理交渉を依頼する

法律問題の中で、離婚は最も身近なものの一つです。夫婦という、二人の人間関係の問題であるという性質上、感情のもつれなどから事態が複雑化するケースも少なくありません。そこで、法律の専門家である弁護士に依頼するケースが増えています。弁護士に頼むことのメリットは、その豊富な法的知識や経験をいかした、問題解決のサポートを受けられるということです。離婚にあたっては、話し合いだけでなく、調停や最終的には訴訟などの法的手段が用いられることもあります。そこでは、有利な結果に導くためにも、専門家の法的サポートは不可欠です。弁護士は交渉や弁護で、大きな役割を担ってくれます。また、自らの代理人として活躍してくれることも、魅力と言えるでしょう。離婚では交渉において、相手方と顔を合わせたくない、という人も多いです。相手と話すストレスなどの他、DVなど危険が伴うケースでは、間に入って交渉してもらうことは安心感につながります。さらに、他の法律専門家ではできないことも、弁護士はできます。養育費や親権などの交渉、調停や裁判、強制執行の代理といったことは、弁護士だけが行うことが可能です。司法書士や行政書士は、相談や離婚協議書作成などはできますが、他のことはあらためて弁護士に頼まないといけません。弁護士ならばワンストップで全て任せられるので、手間や費用負担を考えると、最初から弁護士に依頼してしまったほうが効率的なのです。

Copyright© 2017 完済した過払い金を取り戻そう|お金の悩みは専門家に相談すべし All Rights Reserved.