記事一覧

裁判以外でも活躍

家族

専門家の助けは必要

相続税の最低課税金額が3500万になり、相続税は多くの人にとって身近な問題となっています。特に東京においては地方と比べて土地の資産価値が高いために、これといった金融資産がないご家庭でも相続税の対象となる例が増加しています。一生のうちに何度もない相続ですが、それ故に一般に人には知識がなく問題も発生しやすい分野です。例えば住宅購入なども一生ものの事ですが、購入にあたっては不動産業者や住宅メーカーが手続きをサポートしてくれますから知識を得る機会はありますが、こと相続に関してはそのようなサポートを自然と受けられる環境にはありません。どうしてもご自分から専門家を探してアドバイスを受けるという積極姿勢が求められます。その点、東京は専門家の数も多く地方に比べればずっと恵まれた環境にあります。相続で専門家に依頼するとなると、つい遺産を巡る遺族の紛争調停や裁判を想像してしまいますが、決してそれだけに限りません。遺産を引き継ぐ手続きは非常に複雑なものが多数あります。前者の紛争調停となると弁護士への依頼となりますが、例えば土地建物が遺産としてある方では登記の変更手続きで司法書士の助けが必要になります。また、最初にご指摘した通り、東京の地価は非常に高いので、この査定もしなければいけませんが、これらは税理士に依頼する必要が出てきます。税理士であれば、その他資産も含めて遺産の査定から相続税の納付までをサポートしてくれます。東京であればこれらの専門家がチームになって対策をしてくれるところもありますから、依頼は比較的簡単です。

Copyright© 2017 完済した過払い金を取り戻そう|お金の悩みは専門家に相談すべし All Rights Reserved.